リサイクルに関する情報を詳しく紹介

リサイクルの事ならりさいくりんぐ!

循環型社会を目指す

循環型社会というのは、物(家電製品とか)の使用や物作りなどの方法を1から見直し、そしてその量を減らし、消費者、市町村、専門業者の連係プレイにより、廃棄物の質をよくしてリサイクル率を高めていくという活動が成立している社会のことを指します。この活動についても意識を高めておくといいでしょう。

その為には、地域の住民、市町村、業者のリサイクル意識を高め、廃棄物を発生させないリデュース、排出された廃棄物を再利用するリユース、そして廃棄された資源の再資源化をはかるリサイクルという3Rを人々全体の「当たり前」として定着させていく、ということが循環型社会の実現における最低限必要な取り組みだと言えます。実際、3Rで処理しきれないゴミなどもあるので、それを適正に処理していける社会を作り上げることも循環型社会を作り上げる一つの条件となってくるでしょう。

 

何故今循環型社会を目指すのか

何故今循環型社会を目指すのか、その理由は、人々の環境活動への意識が高まってきたからだと言えるでしょう。これまで日本は、戦後からバブルに掛けての大量生産、大量消費、そして、大量廃棄という後先考えない生産のせいで、相次ぐ天然資源の枯渇、ゴミを捨てたり埋め立てたりする廃棄物処分場の激減などにより、深刻な社会問題にまで発展しています。

このような深刻な課題を解消させる為に、資源を今より更により良く効率的に使用して、資源の循環を基本とする社会のシステムの構築と共に、昨今増えている不法投棄などの撲滅を図っていく為に、天然資源の消費の抑制を図っていくと共に、環境への負荷を軽減させていく循環型社会の形成を図っていく必要があるからです。

このようなシステムを構築しなければ、近い将来必ず今以上に深刻な問題が浮上してくるでしょう。そうならない、そうさせない為にも、1人1人、循環型社会構築への意識を高め、3Rを積極的に取り組んでいくことが必要ではないかと管理人は考えます。

Favorite

傘 名入れ
http://www.matsuzoe.com/

最終更新日:2014/10/10

リユース・リデュース・リサイクル